午前中は気分が優れず、夕方や夜間になると回復することが多いです

対人関係やストレスが要因

悩む男性

精神科の病院やクリニックを受診したい

朝起きた時に、憂鬱な気分になったり、不安感が強くなるなどの症状が見られることがあります。20代、30代の若い年代に多い非定型うつは、通勤や通学をする前に、うつの症状が強く出る病気です。午後や休日になると、少しずつ回復してきたり、自分の好きなことの場合は活動が出来る傾向があります。非定型うつは周囲の人には、怠けや甘えなどと誤解をされやすい病気です。従来のうつ病の場合は、休日でも気分が優れないことが多いため、一般的なうつ病の症状とは違っていることも多いです。朝憂鬱な気分が長く続いており、欠勤や遅刻が増えている時は、精神科の病院やクリニックを受診することが大事です。朝憂鬱な気分になったり、不安感が強くなる時は、対人関係が原因のことが多いです。現代は学校や職場でも、人間関係が複雑になっているため、過度なストレスを受けて、うつ病を発症する人が増加しています。精神科の病院やクリニックでは、プライバシーは厳守してくれるので、カウンセリングなどで悩みを打ち明けることが大事です。

仕事や学業などで、精神的なプレッシャーを感じていたり、対人関係がうまくいってない時は、朝に憂鬱な気分が強くなることがあります。通勤や通学をしなければならないのに、朝が起きられないなどの症状が見られます。うつ病は午前中に症状が重く、午後から夜間になると、少しずつ気分が良くなる人が多いです。一般的なうつ病はもちろん、非定型うつに罹る人も増加しています。精神科の病院やクリニックでは、話しやすい雰囲気の医療スタッフが在籍をしているので、辛い症状を話すことが大事です。精神科の病院やクリニックでは、問診によるうつチェックなどを行っています。複数の項目に該当をしていたり、カウンセリングや診察を行うことで、病気が診断されることが多いです。非定型うつの場合は、朝憂鬱な気分になっても、休職をせずに通勤を続けたほうが良いケースもあります。一般的な病気の場合は、叱責や励ましなどは厳禁ですが、非定型うつの場合は適度な負荷を掛けることで、仕事を続けることが可能です。

心の病に罹患をした場合

悩む男性 朝からどうしても憂鬱な気持ちが晴れないということがあるでしょう。心の病に罹患をしている可能性もあるので、まずは心療内科を受診してみるとよいでしょう。そうすることによって症状を緩和させることができるかもしれません。

詳しく見る

毎日の感情を確認する

ハートと聴診器 朝起きていつも憂鬱な気持ちになってしまい、学校や会社へ行きたくないという人は多いものです。しかし、これが続いてしまうと心への負担となってしまいます。積み重ねっていくとうつ病を発症してしまうかもしれません。

詳しく見る

軽度なうちに改善

カウンセリング 朝起きて憂鬱な気分に襲われるようならメンタルクリニックなどに通う事がお勧めです。症状が軽度なうちに通院すれば鬱病などの精神疾患を軽減する事が出来ます。早期に通院すれば薬や施術も健康保険適応内の軽いものですみます。

詳しく見る

うつ病の可能性もある

悩む男性 憂鬱なのが朝だけだとしても、うつ病の可能性があるので、メンタル系の医療施設にて診察をしてもらったほうがよいです。ただ、医療施設によって、予約が必要な場合と必要ではない場合があるため、自分に合ったほうを選定しましょう。

詳しく見る

休むためにすべきこと

悩む成人女性 朝憂鬱という方は、ただの気持ちの問題ではない可能性も考慮し、なるだけ早く、精神科・心療内科に相談してみましょう。診断結果次第で、休学や休職などの手続きが必要になるかもしれません。しかしそれだけ完治も早いのです。

詳しく見る